LA BOTTEGA GOLOSA | BLOG   WEB STORE
main
いまだ旅の途中

 私の旅のスタイルについて書きたいと思います。  

毎回帰りの飛行機の中でおおまかに行き先が決まります。まず旅のテーマを決めてから
情報収集して無理のないプランを考えて具体化します。

例えば2002年は「産地で飲むバローロと料理のマリアージュ」でした。

東京でのお店時代から相当数のバローロをストックしていて、モダンバローロとクラッシックなタイプ
のヴィンテージによる味と熟成感をつきつめたくて.... それにお店で使えるネタ探しです。

当時のお店、アテオではバローロは人気が高く、特に接待のお客様にはリクエストの多い赤ワイン
でしたが、サービスの仕方やタイミングの難しい、料理を選ぶワインです。

イタリアの旅にはいつもレンタカーを使います。時間にロスなく行きたい所に行けるから....
それに高速道路も整備されていて安いからです。
シエナからモンタルチーノまでの美しい田舎道やアマルフィ、チンクエテッレ等の海岸線の美しさは
車でしか味わえない楽しさです。 ピエモンテはランゲ地方,特にラモッラやバルバレスコの丘から
見下ろすブドウ畑の風景は最高です。

大体いつもアルバのイ・カステッリに宿を取って、テンション高くして近場のエノテカに出かけて、
そこのオヤジの話を聞きだします。現地の旬の情報や今の話題が聞けたりします。
次にワイナリー見学。 自分の目で畑を見て、栽培方や造り方のこだわり、歴史等を話してくれます。
ディナーは予約しておいた地元でお勧めのレストランで「旅をしていないバローロ」と郷土料理を
楽しみます。
そんなどっぷりワイン漬けの毎日を5,6日位過ごした頃ウチの相方からブーイングがでます。
古いカフェ文化の有るトリノに出かけて買い物に付き合います。

旅のガイドと言えばミシュランが基本です。日本版と違って道路事情や宿泊等の情報に安心感が
あると言う事。 レストラン案内も星つきに限らず幅広く掲載されて特に最近星の評価とは別に
ビブグルマンというリーズナブルでコストパフォーマンスに優れている直球勝負のレストランセレクトには大変満足しています。
ただ私的にはミシュラン・仏版は別としてイタリア版の星の評価は?が多いです。
一部のレストランに見かける、皿の上のフランス化やスペイン化の影響で斬新さやエレガントな料理を求める余り無理をしていて、中身の無い料理に当たる事が多くあります。

フランスのガイドですからフランス的な食材や技術が広まるのは好ましい事なのでしょうね。

他にもレストランガイドに特化した「ガンベロロッソ」「エスプレッソ」などが有り一店舗に対するコメントも多くてレストラン選びには良いと思います。
わざわざイタリアに出かけて行くのですからイタリアらしいおおらかで素材のしっかりした中身のあるおいしい料理に出会いたいです。

人の料理を味わうといろいろな事がわかります。発見があります。
こんな刺激的なイタリアの旅は止められません。


| イタリアの話 |
COMMENT
name:
email:
url:
comments:
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
http://blog.bottega-golosa.com/trackback/5
トラックバック

Copyright (C) LA BOTTEGA GOLOSA Some Rights Reserved.